沿革と教育理念

沿革

リトル・アメリカ英会話スクールの歴史は、1979年、創始者ヘリーン・ジャーモル・内田が、夫の柔道場の畳の上で3人の小学生に英語を教えたことから始まりました。口コミで次々に集まってきた生徒達はしだいに道場に入りきれないほどに増えました。

新たに校舎を借り、先生やスタッフも加わり、その名前は県外にまで広がりました。このとき、内田ヘリーンが掲げた信念は『日本人にとって英語は勉強するものではなく、体験するものです。』というものでした。彼女の信念は、30年以上にも及ぶ経験のなかで高められ、やがてリトル・アメリカ英会話スクールの教育理念となり、就学前の幼児から大学生・一般社会人まで幅広い層の皆様に対する英語指導のなかに息づいています。

ヘリーン・ジャーモル・内田は、日本の皆様がそれぞれの経歴や能力に応じて、積極的かつ社会的な方法で英語を使った交流ができるようにお力添えする事が自分の使命と考えています。

教育方針とクラスルール

当校では皆様により良い授業を受けて頂けますようクラスルールを定めております

  1. 先生と友達を尊敬する
  2. 授業に必要な教材や文房具を必ず持参する
  3. 与えられていた宿題は必ず終わらせてから授業を受ける
  4. 授業中は日本語を話さない
  5. 英語で間違ってしまうことを恐れず積極的に授業に参加する
  6. 授業に最善を尽くす

リトル・アメリカ英会話スクールの目標

自信の構築

リトル・アメリカは日本人にとっては英語を「勉強する」より「経験する」必要があると考えます。

英語を学習する上で大きな障害となるのは、自信の欠如です。そこでリトル・アメリカでは、英語を「体験する」カリキュラムと独自のテキストであるチャレンジブックを通して生徒の皆様に達成感を感じて頂き、生徒の皆様が自信を構築していくお手伝いをさせて頂いております。

とくに対話型の体験するレッスンは、クラスメイトとの簡易な英語によるコミュニケーションを可能にし、「私は英語でコニュニケーションができる」という生徒の自信につながっていきます。

「体験する」英語

リトル・アメリカのレッスンは、独自のウォームアップ(レッスンを全て英語で行うための準備)をはじめ、あいさつ、自己紹介、質疑応答、ペアワーク、ゲームといった、クラスにいる全員が英語を「体験」することができるカリキュラムで構成されております。

英語を通じてパートナーと相互に様々な学習活動を行い 、英語を「体験する」ことこそ言語習得に最も有効な方法であると私どもは考えております。

チャレンジブックテスト

リトル・アメリカのレッスンは、独自のテキスト「チャレンジブック」を使用し、1ヶ月に1ページ(1課題)を進度の目安として集中したレッスンを行っております。またこのチャレンジブックの進度は各生徒によってそれぞれ異なりますので各生徒は自分自身のペースに応じた学習を進めることができます。

さらに毎月の最終レッスン日には、その月に学習した課題の理解度を確認する為、当校のチャレンジブックテスト担当者によるマンツーマンの口頭テストを行い、これに合格すると次の課題へ進むことができます。生徒は各々のチャレンジブックテストに合格することに喜びを感じ、次の課題へのチャレンジに向けて更に学習意欲を高めます。

欧米文化を体験する

四季折々の行事である、ハロウィーン、サンクスギビング、クリスマス、バレンタインデー、パトリックデー、誕生日、スウィートシックスティーンパーティーなど、欧米ならではの伝統的な文化をご体験頂けます。

欧米におけるマナーを知る

「相手に対して挨拶や許可を求める時、また感謝や称賛を表す際は必ず相手と目を合わせて話しましょう」などといった、欧米でのマナーの指導もレッスンの一環として行っております。

世界に羽ばたく

当校における、体験する英語、チャレンジブックテスト、欧米文化の理解・尊重、欧米のマナーに基づくコミュニケーション、これらすべてが生徒様の自信を構築し、さらに世界に羽ばたく国際人への重要な要素となります。
リトル・アメリカは、これらの要素のお手伝いをさせていただけますことを光栄に思い、皆様の実り多い様々な世界へのチャレンジを力強くご支援させていただきます。

お電話やファックスでのお問い合わせはこちら
e-mailでのお問い合わせはこちら

サイト内検索

Page Top
Copyright © 2015 リトル・アメリカ英会話スクール All Rights Reserved.